2013.10.13 Yono 与野 大正時代まつり

Camera: Canon EOS 5D Mark II
Darlot Paris F.100
Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8. f=8.5cm. 167313. D.R.P
A. Gaudin Montmartre 76 Paris (140mm F3.5)
Voigtlander & Sohn in Wien No 3626

昨年に続き与野大正時代まつりを見物。大正時代の仮装をした方々がJR与野駅前の商店街を練り歩きます。今年は10月26日にクリテリウムbyツールドフランスが開催されるため、例年より大正時代まつりの日程が繰り上がりました。


Darlot Paris F.100
















F=3.6, Right: Pixel crop
Darlot Paris Petzval type lens, 100mm F3.6. Probably made in 1860s.
中将姫光学さんから借りたDubroniの100mmレンズが大変優秀だったので、多分同じレンズだと思われるDarlot Paris F.100と刻印されたレンズを入手。絞り昨日は全くなく、1860年代の製造だと思います。このレンズもDubroniと同様にコントラストが高くシャープです。


Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8. f=8.5cm. 167313. D.R.P








F=1.8, Right: Pixel crop
Ernostar 1.8/85mm made in 1925 or 1926.
大変シャープなレンズです。ただし、一眼レフのファインダーではピントの山がつかみにくので、ピントを前後させながら何枚か撮影しておく必要があります。


A. Gaudin Montmartre 76 Paris (140mm F3.5)







F=3.5, Right: Pixel crop
Lerebours probably made this lens for A. Gaudin's camera in 1840s.
天保後期または弘化期にフランスで製造されたレンズ。少しコントラストが低いのですが、強烈な秋の西日を受けた撮影ではいい感じに写ります。


Voigtlander & Sohn in Wien No 3626







F=3.6, Right; Pixel crop
Petzval type lens by Voigtlander Wien in 1851.
フォクトレンダーの工場がまだウィーンにあり、このレンズを設計したウィーン大学のペッツバール教授との関係がまだ悪化する前の嘉永四年頃に作られたレンズです。この時代のレンズはシリアルナンバーが刻印されていないものが多いのですが、このレンズには刻印されており、製造年がはっきりしています。保存状態も良いので、現在私の基準レンズとして使っています。