2013.9.28 Shinagawa 品川宿場まつり おいらん道中

Camera: Canon EOS 5D Mark II
Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8 f=8,5cm 167313 D.R.P
VALLANTIN. OPN de 1840 a 1856 C..tre des atel..rs de MR. LEREBOURS Paris
Darlot Paris Petzval 175mm F5.6

品川宿場まつり初日の夕方から「おいらん道中」があります。近くに用事があったので、ちょっと見物。「おいらん道中」が始まることには、北品川駅付近の旧東海道は見物客で混雑します。


Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8 f=8,5cm 167313 D.R.P







F=1.8 Right: Pixel Crop
Ernostar lens made in 1925 or 1926.
午後五時の張り出しの時点ではまだ自然光で撮影できますが、道中がスタートする午後五時半ではすでに暗く、ストロボなしではの撮影は難しいです。このレンズはF1.8と明いので夜間の撮影では何かと助かります。


VALLANTIN. OPN de 1840 a 1856 C..tre des atel..rs de MR. LEREBOURS Paris



F=3.5, Right: Pixel crop
Vallantin's Petaval type lens made in around 1863. Vallantin was chief engineer of Lerebours lens factory from 1840 to 1856.
文久三年頃パリのバランタン社で製造されたレンズ。焦点距離は約70mmでペッツバール型にしては短いのですが、良く写ります。


Darlot Paris Petzval 175mm F5.6






F=5.6, Right: Pixel crop
Darlot Petzval lens manufactured in 1860s or 1870s in France.
カメラマンが多くて混雑していますので、175mmくらいの長焦点レンズの方が使いやすいです。個別に声をかけるのは難しく、目線をもらうのは難しいです。広角で撮るなら、三時ごろから場所取りした方がいいと思います。