2013.6.23 Kamakura 鎌倉

Planar Ia 4.5/7.5cm 1921 vs 1931
A. Gaudin Montmartre 76 Paris (140mm F3.5)
Carl Zeiss Jena Nr 434102 Planar 1:4,5 f=7,5cm Series Ia Nr.4
Carl Zeiss Jena Nr 13517xx Planar 1:4,5 f=7,5cm

Planar Ia N4.4 4.5/7.5cm test (1921 vs. 1931) and Gaudin (1842)
梅雨の晴れ間、鎌倉にPlanar Ia Nr.4のテストに行ってきました。私のPlanar 434102(1921, 大正10年)は絞り開放ではソフトなので、同じPlanar (1931、昭和6年)をお借りして比較してみました。


Planar Ia Nr4 4.5/7.5cm comparison

Planar I1 4/57.5cm (1921) <-----> Planar I1 4/57.5cm (1931)

Planar I1 4/57.5cm (1921) <-----> Planar I1 4/57.5cm (1931)

Planar I1 4/57.5cm (1921) <-----> Planar I1 4/57.5cm (1931)

Planar I1 4/57.5cm (1921) <-----> Planar I1 4/57.5cm (1931)

Planar I1 4/57.5cm (1921) <-----> Planar I1 4/57.5cm (1931)

Planar I1 4/57.5cm (1921) <-----> Planar I1 4/57.5cm (1931)
F=4.5 fo all pictures
Those two lenses are almost same.
開放ではどちらのレンズも同程度にソフトです。近接だとシャープというわけでもありません。多分レンズが小さくなりすぎると製造上の精度を出すのが難しくなるためか、または前玉による口径食を嫌ったためか、はたまた前玉が大きい方が格好が良いと思ったためか。いずれにしろ、絞り込んだ時に最高性能になよう設計されているのだと思います。


A. Gaudin Montmartre 76 Paris (140mm F3.5)











F=3.5, Right: Pixel crop
Lerebours manufactured this lens for Gaudin's camera in around 1842.
天保13年頃にパリで製造されたレンズ。紫陽花の名所である明月院は結構な人出でした。


Carl Zeiss Jena Nr 434102 Planar 1:4,5 f=7,5cm Series Ia Nr.4





F=4.5, Right: Pixel crop
This Planar 4.5/7.5cm lens was made in 1921.
大正10年頃ドイツで製造されたレンズ。絞り開放では甘いです。Planarがこんなに甘くていいのか?、という疑問を投げかけた所、それじゃ比較してみようということになりました。


Carl Zeiss Jena Nr 13517xx Planar 1:4,5 f=7,5cm




F=4.5, Right: Pixel crop
This Planar 4.5/7.5cm was made in 1831
こちらの方が製造が10年ほど後なのですが、開放での甘さはほとんど変わりません。