2013.5.26 Ogikubo 西荻窪 井荻會館

Camera: Canon EOS 5D Mark II
Canon EF17-40mm F4L USM
Alexis Gaudin N P Lere Paris 1816
Ernst Leitz Wetzlar Thambar f=9cm 1:2,2 No 472401
Hugo Meyer Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm DRP Dr. Rudolph

Modern Girls and phonograph in Iogi-kaikan in Tokyo. Portrait using old lenses, Gaudin/Lerebours(1841), Leitz Thambar(1932) and Meyer Kino Plasmat(1930). Wide angle pictures using modern lens, Canon EF 17-40F4L. Iogi-kaikan was a traditional japanese wodded house built in 1932.
井荻會館で行われた「手しごと市」の「モガ & モボ &レトロ着物×蓄音機のコンサート」を、江戸時代天保13年頃のレンズ、昭和5年頃のレンズ,昭和13年頃製造のソフトフォーカスレンズで撮影。引きがないので、集合写真には昔のレンズは使えず、現代のCanon EF17-40mm F4L USMを使用。
井荻会館は昭和7年頃に建てられた二階建ての建物でレトロな雰囲気。


Canon EF17-40mm F4L USM






F=4.0 - 5.6
適度にたる型の歪曲があり、集合写真向きのレンズです。たる型の歪曲がないと端の人の顔が歪むので困ります。


Alexis Gaudin N P Lere Paris 1816











100mm, F=3.5
Taken by a lens menufactured in Paris in 1842, just three years after photography was invented.
1842年(天保13年)頃パリで製造されたペッツバール型レンズ。


Ernst Leitz Wetzlar Thambar f=9cm 1:2,2 No 472401







F=2.2


F=3.2 with center filter
Soft focus lens made by Ernst Leits in 1938. Center filter was used just for the last picture above.
昭和13年頃、ドイツのライツ社で製造されたソフトフォーカスレンズ。一番下の写真だけセンターフィルター使用。


Hugo Meyer Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm DRP Dr. Rudolph






F=2.0
Very fast F1.5 lens mabufactured by Hugo Meyer in around 1930. Stopped down to F2.0
昭和5年頃ドイツで製造されたレンズ。F1.5は当時最も明るいレンズでした。今回は無難にF2.0で使用。