2013.2.3 CP+ 2 Yokohama 横浜

Camera: Nikon D800
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

Camera: Canon EOS 5D Mark II
Busch Anastigmat-Satz "STIGMAR" F:6,3 No4+No5=155mm
A. Ross London 6008
Carl Zeiss Jena Nr 434102 Planar 1:4,5 f=7,5cm Series Ia Nr.4
TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No196069 3INCH SERIES O f/2
R&J BECK 7.2 IN ISOSTIGMAR f5.6 No 110944

昨日に引き続き横浜のCP+です。夕方は混雑するので午前の割と早い時間に行きました。ニコンのブースでD800の試写をさせてもらいましたので、作例を掲載します。ニコンとソニーの試写コーナーが気に入りました。


Camera: Nikon D800
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED




F=8, 1/160s, ISO400, Nikon default setting
7360x4912 pixelはかなり強烈です。JPEGでも一枚20MB。係員の方にカメラを渡されたままの条件での撮影ですが、ISO400, F8, 1/160sでは手ぶれしました。F2.8で撮った方が多分よかったと思います。色は変ですが、キヤノンでも標準設定では同じような色なので、これが普通なのだと思います。少し現像パラメータをいじればきれいになると思います。


Camera: Canon EOS 5D Mark II
Busch Anastigmat-Satz "STIGMAR" F:6,3 No4+No5=155mm













F=6.3, Right: Pixel crop
明治43年頃ドイツのブッシュ社で製造された組み合わせレンズ。今回は一番長い155mmfで使用。シャープですが固くはなく、コントラストが高いが落ち着いた感じで、ポートレート向きです。期待通りの素晴らし写りでした。


A. Ross London 6008







F=5.6, Right: Pixel crop
1859年(安政五年)頃イギリスのロス社で製造されたペッツバール型レンズ。古風な真鍮レンズでよく写ります。


Carl Zeiss Jena Nr 434102 Planar 1:4,5 f=7,5cm Series Ia Nr.4




F=4.5-5.6, Right: Pixel crop
1921年(大正10年)にドイツのツアイス社で製造。絞り開放ではソフトでよい感じなのですが、ピントの山が見えず、ピントが合う確率は低いです。


TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No196069 3INCH SERIES O f/2





F=2.0, Right: Pixel crop
明るいライトなどが画面にいると白っぽくなりますが、これさえ注意すれば繊細な写真が撮れます。


R&J BECK 7.2 IN ISOSTIGMAR f5.6 No 110944







F=5.6, Right: Pixel crop
明治末のレンズだと思いますが、製造年は不明。5群5枚のユニークな構成のレンズです。コーティングがないのと、中央に曲率が極端にゆるい(ほとんど平板)の両凹レンズが入っているので、コントラストが低いです。カラーではパッとしませんが、白黒だと上品に仕上がると思います。