2012.8.25 Yoyogi 代々木 原宿表参道元気祭 Super-Yosakoi 2012

Camera: EOS 5D Mark II / Canon EOS 5D
Ross LONDON 13384 ACTINIC DOUBLET
BAUSCH & LOMB BALTAR 100mm f/2.3 BF9466
Voigtlander Wien No 3626

原宿表参道元気祭 Super-Yosakoi 2012は盛大な盛り上がっていました。本場の高知から優秀なチームが参加しており、見事な踊りを見ることができました。2009年にたまたまスーパー・よさこい2009に遭遇し、撮影するようになりました。元気な踊り子さんの笑顔とダイナミックな動きが素敵です。それに衣装が派手、天候が安定している、気軽に撮影に応じてくれる、などの理由でレンズテストに適します。


Ross LONDON 13384 ACTINIC DOUBLET











F=15, Right: Pixel crop
明治4年頃に製造された、暗い広角レンズです。文久4年に開発された時には、広角レンズではこれが一番優秀だったのですが、慶応2年にラピッドレクチリニアあるいはアプラナットと呼ばれるレンズが開発され大成功すると、競争に敗れて忘れられてしまいます。人物には向かないと思っていたのですが、そうでもないようです。光線状態が良ければ、けっこうよく写ります。

F15はF2.8のレンズより約5絞り暗いで、手持ちで撮影するのは、難しかったです。しかし、EOS5D MarkIIはISO3200でも十分使えます。ISO3200はISO100より5絞り明るい。つまりISO100のフィルムとF2.8レンズを使うのと同じシャッター速度を得ることができます。


BAUSCH & LOMB BALTAR 100mm f/2.3 BF9466













F=2.3, Right: Pixel crop
昭和20年にアメリカで製造された映画用レンズ。コーティングされており、すばらしい描写です。ボシュロムは眼鏡屋から出発し、写真用、映画用、軍事用などの光学機器にも進出しますが、再び本業の医療用光学機器(レイバンなどの眼鏡、コンタクトレンズ)に専念し、他の事業から撤退したそうです。


Voigtlander Wien No 3626









ミス高知












F=3.6, Right: Pixel crop
嘉永4年頃ウィーンで製造された人物用レンズ。
ミス高知に聞いたのですが、やはり本物のよさこい祭りはすごいそうなので、一度行ってみたいものです。