2011.12.10 Tokyo Motor Show 3 東京モーターショー 3

Camera: Canon EOS 5D
EF85mm F1.8 USM
Thambar f=9cm 1:22 Nr 226180 Ernst Leitz Wetzlar
WRAY LONDON No 71333 150mm CINE-UNILITE f:1.9

タンバールをF3.2で使うのはちょっと絞り過ぎではないかと思います。今日はF2.8で撮影してみました。 また、90mmのタンバールを17-40mm広角ズームと比較するのはいくらなんでもおかしいと思い、Canon EF85mmF1.8と比べてみることにしました。製造年は70年ほど違います。


EF85mm F1.8 USM




F=1.8-4.0, Rigfht: Pixel crop
予想通りシャープです。これは少しシャ―プすぎるのではないか、と思われる方には戦前のレンズがお勧めです。 ステージ上は明るすぎてF1.8ではストロボがうまく出ないので(FP発光が弱すぎるのかも)、通常の発光にするため 少し絞っている写真もあります。AFの歩留まりはあまり良くなく、MFとあまり変わりません。 途中からAFでおおざっぱに合わせて、最後はマニュアルで微調整する方法に切り替えました。 これができるのがEOSシステムの特長です。


F=1.8, Right: Pixel crop
強いライトが逆光で入ると、顔の前までフレアが回り込むこととがまれにあります。


F=2.8, Right: Pixel crop
てかっています。理由は不明。。


Thambar f=9cm 1:22 Nr 226180 Ernst Leitz Wetzlar




















F=2.8, Right: Pixel crop
F2.8でも接近して撮影すると予想以上にシャープです。離れるとソフトになります。これはどのソフトレンズでも同じ傾向です。 これくらいのソフト加減もなかなかいいと思います。


WRAY LONDON No 71333 150mm CINE-UNILITE f:1.9





F=1.9, Right; Pixel crop