2011.12.4 Tokyo Motor Show 東京モーターショー

Camera: Canon EOS 5D
Thambar f=9cm 1:22 Nr 226180 Ernst Leitz Wetzlar
WRAY LONDON No 71333 150mm CINE-UNILITE f:1.9

東京ビッグサイトで開催中の東京モーターショーに行ってきました。一番興味を引かれたのは、ヤマハのもえぎでした。電気自動車とか燃料電池車はもうそれほど新鮮さがないので、古典的な単気筒ガソリンエンジンとマニュアルミッションでリッター80kmを達成したもえぎが新鮮に見えました。3リッターのガソリンタンクで240km走るのだそうで、説明員の人も自信ありげでした。次に興味を引かれたのはセキスイハウスが出典ていたこと。日産リーフと鉛電池と太陽電池で家に給電するシステムです。また、昔カメラを作っていたコーワ(コルゲンコーワの会社)が電気自動車に進出(興和テムザック)していたのにも興味を引かれました。電気自動車は参入障壁が少ないので、自動車メーカーが一気に増えるそうです。


Thanbar f=9cm 1:22 Nr 226180 Ernst Leitz Wetzlar


これがヤマハの「もえぎ」です。
























F=3.2, Right: Pixel crop
会場の照明は変な色が多いし、上からの光線なので髪の毛の影が出来てしまいますので、ストロボがあったほうがいいでしょう。もしろん照明の状態が良ければ、ストロボ無しでもOJKです。F3.2でISO800程度で撮影できる明るさはあります。普通にストロボを直射していますが、タンバールは特に問題ありません。変なフレアが出たりすることはありませんでした。ストロボをディフューズすればキャッチライトがもう少し大きくなると思いますが、それ以外の効果はないと思います。


F=2.2, Right; `ixel crop
絞り開放だとこんな感じです。


WRAY LONDON No 71333 150mm CINE-UNILITE f:1.9












F=1.9, Right: Pixel crop
WB太陽光に設定しているのでレンズか黄色いのがよく分かります。