2011.10.23 Aoyama 青山まつり

Camera: EOS 5D
Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8 f=12,5cm 204237 D.R.P
Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:2 f=10cm 151058 D.R.P

Camers: Sony NEX-3
Zunow 1:1.1 f=5cm Zunow Opt. Japan No 5655

天気予報では曇り時々雨だったので期待しないで行った青山まつりですが、秋田の竿燈なども見られて予想以上に楽しめました。中将姫光学さんと表参道から青山通りをぶらぶら歩いて豊川稲荷経由で永田町まで。別のレンズを2本借用しましたので、ぼちぼち作例を作ります。


Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8 f=12,5cm 204237 D.R.P












F=1.8m Right: Pixel crop
秋田の竿燈はなかなかの迫力です。本場秋田では夜の方が良いそうですが、青山では昼間だけ。是非秋田の来て下さい、とのことでした。観客は少なく撮影しやすかったです。このレンズの甘い所が出てしまっていますが、まあこんなもんじゃないかと思います。


Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:2 f=10cm 151058 D.R.P











F=2.0, Right: Pixel crop
やはり、こちらのエルノスターF2の方がシャープだと思います。ただ、目測式のカメラでここまで解像度が必要かは疑問です。オーバースペックですが、そこが魅力です。


Zunow 1:1.1 f=5cm Zunow Opt. Japan No 5655





F=1.1, Right: Pixel crop
画面中心はシャープです。青いコーティングのせいか、ずいぶん色合いが青いです。私は常にWB太陽光なので目立ちますが、AWBを使えば問題ないかもしれません。