2011.9.18 Sagamihara Yosakoi 相模原よさこいRANBU!

Camera: EOS 5D
Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8 f=12,5cm 204237 D.R.P
WRAY LONDON No 71333 150mm CINE-UNILITE f:1.9

JR横浜線の古淵駅周辺で行われた相模原よさこいRANBU!に行ってきました。快晴で暑いのですが、風が吹いていて、割と過ごしやすかったです。かなりの人出でしたが、極端に混雑しないように工夫して運営されており、スムーズに見物と撮影を行うことができました。目的はエルノスター125mmのテストですが、色々と特長のあるチームの踊りが見られて楽しめました。


Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:1,8 f=12,5cm 204237 D.R.P















F=1.8, Right: Pixel crop
順光だとコントラストが高いので、すべて順光で撮影。フードは使用していません。この会場は割と自由に移動して光線状態を変えて撮影できるので助かります。画面の中心はすごくシャープです。中心からずれると少し甘くなるようですが、問題になるほどではありません。比較のために持っていったシネ・ユニライト 1.9/150mmですが、これはちょっとシャープ過ぎて比較ならず失敗でした。気にしないでください。


WRAY LONDON No 71333 150mm CINE-UNILITE f:1.9







F=1.9, Right: Pixel crop
エルノスターと比較するには、ちょっと写り過ぎですね。エルノスターより20年ほど後のレンズですが、それにしても良く写ります。このレンズから60年ほど後に登場したEOS 5Dに取り付けて使っても余裕十分の解像度です。このレンズを設計したC.G. Wynneはテーラーホブソン出身のようです。映画用のレンズはスピード・パンクロより性能が良くなければ売れる見込みがないことを知っていたはずです。