2011.4.28 Yoshino 吉野

Camera: EOS 5D
Hugo Meyer & Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm DRP Dr. Rudolph

応神天皇 雄略天皇 斉明天皇 古人大兄皇子 大海人皇子(後の天武天皇持統天皇 文武天皇 元正天皇 聖武天皇などが何度も足を運び、柿本人麻呂 山部赤人 大伴旅人 大伴家持 などが歌に詠み、後醍醐天皇が吉野朝廷(南朝)を開いた吉野にやっと行きました。すでに桜はほとんど終わっていましたが、一番上の金峰神社付近や高城山付近ではまだ山桜が咲いており、下の方では八重桜やしだれ桜が咲いていました。人影はほとんどなく、のんびりと見物することができました。近鉄電車で吉野駅まで行き、まずバスで中千本に行き、さらにバスを乗り継いで奥千本入口へ。すぐ近くの金峰神社に参拝し、後は徒歩で吉野神宮駅までひたすら下りました。























F=2.0-4.0, Right: Pixel crop

吉野の一番上の金峰神社付近や高城山付近からは遠く奈良盆地を見ることができます。逆に奈良盆地からも吉野山が見えるに違いなく、桜の時期になると吉野に遊びに行きたくなったのでしょう。もちろん、奈良盆地を窺う軍事基地としても優れた地形のようです。

桜が散って観光客が消えた連休前の吉野は、なかなかの穴場かもしれません。