2010.6.19 Meiji-Jingu 明治神宮

Camera: EOS 5D
Opic vs. Opic
TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 125326 5 1/2 INCH SERIES O f/2
TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 204420 5 1/2 INCH SERIES O f/2
Ernst Leitz Wetzlar Hektor f=7,3cm 1:1,9 No 235604

OPIC 5.5inch f2が二本ありますので、比較してみました。No 125326が1927年頃、No 204420が1934年頃の製造だと思います。場所は代々木公園と明治神宮の菖蒲田。花菖蒲はちょうど見ごろでした。


Opic No 204420 (NEW) vs. Opic No 125326 (OLD)



NEW ----- F=2.0 ----- OLD



NEW ----- F=4.0 ----- OLD



NEW ----- F=2.0 ----- OLD



NEW ----- F=4.0 ----- OLD



NEW ----- F=2.0 ----- OLD



NEW ----- F=4.0 ----- OLD

ほとんど同じに見えます。特に違いはありません。テーラー・ホブソンのレンズの品質は高く、良く揃っているというイメージが裏付けられました。でも、高品質は多分高価格を意味しており、エルノスターに負けたのは、実はドイツとの価格競争に敗れたのかもしれません。高価でも最高品質を求めたのはハリウッド映画界だけだったのだと思います。


TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 125326 5 1/2 INCH SERIES O f/2



F=2.0-4.0, Right: Pixel crop


TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 204420 5 1/2 INCH SERIES O f/2










F=2.0-4.0, Right: Pixel crop
それにしても暑い。時期的にまだ暑さに慣れていないせいもあります。


Ernst Leitz Wetzlar Hektor f=7,3cm 1:1,9 No 235604




F=4.0, Right: Pixel crop
ヘクトール F1.9/73mmをF4.0で使うテストの続き。露出を少し暗くして絵画のように撮るのも良さそうです。