2010.6.12 Kamakura 鎌倉

Camera: EOS 5D
Ernst Leitz Wetzlar Hektor f=7,3cm 1:1,9 No 235604
Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm

Kino Plasmat をF4.0でさんざんテストしたのに、Hektor F1.9/73mmをテストしないのはけしからん、というマックスベレーク氏が言ったような気がして、久しぶりにHeltor/F1.9/73mmを持ちだしてみました。もう一本のガウスタッカーF2/100mmもF4.0で使ってみました。散歩したのは、北鎌倉駅、東慶寺、明月院、亀ヶ谷坂切通、寿福寺、鎌倉駅。晴れて暑い日でしたが、亀ヶ谷坂切通は風の通り道で涼しかったです。


Ernst Leitz Wetzlar Hektor f=7,3cm 1:1,9 No 235604













F=4.0, Right, Pixel crop
F4.0に絞ると、Kino Plasmatに十分対抗できる程度にシャープになります。ただし、シャープなのは画面中心部分だけで、周辺はKino Plasmatと同じくらい流れます。甲乙つけがたい、といったところです。


Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm










F=4.0, Right: Pixel Crop
このレンズは少し曇っていますので、F4.0に絞っても開放と同じような光の滲みが出ます。もちろん絞った分だけシャープになりますから、シャープで滲む画像が得られます。新品の時と同じ性能は出ていないと思いますが、特に乱暴に使われた形跡もありませんので、このレンズの自然な経年変化だと思います。先ほど分解清掃してみましたが、6枚のレンズのうち、一番前の面と一番後ろに面にわずかに曇りがあって、普通に拭いても取れません。これは何ら問題ではなく、このレンズの個性と考えています。同じレンズの別の個体がテストできればはっきりすると思いますが、その機会は当分なさそうです。

明月院はあじさいが有名で、多くの観光客でにぎわっていました。和服の方がおられたので、後ろ姿を点景に使わせて頂きました。(点景にしては大きすぎる?)