Turner-Reich in Copal No.3 Shutter

シャッターが壊れていて使えなかったGundlach Turner-Reich 8×10 F6.8をFUJINAR-SC 4.7/25cmが入っていたCOPAL No.3 シャッターに取り付け。

t6

まったくの偶然ですが、後玉はシャッターにそのままねじ込めます。

t5

前玉はそのままではねじ込めませんので、スクリューを切って、別のスクリューを貼り付けました。

t7

元のスクリューより直径が2mmほど小さくなりました。

t4

完成した部品。

t3

組み立て後、リンホフボードに取り付けます。

t8

リンホフボードをアダプタを介してディアドルフ6インチボードに取り付けます。

t2

焦点距離が違うので、絞りの指標が違うので手書きで変更。

t1

改造終了。1/125sの高速シャッターが使えるので、晴天の屋外でも絞りを開けられます。