Deardorff 8×10 Linhoff adapter

Deardorff 5×7に付いてきたLinhoffアダプタが余っているので、Deardorff 8×10のボードに取り付け。5×7のレンズボードは小さすぎてLinhoffアダプタを取り付けると不自然なのですが、8×10なら自然な感じです。

f2

ベニヤ板を15cm角にカッターナイフで切って、ビスでLinhoffアダプタを取り付けるだけ。至って簡単です。

f1

COPAL-No.3シャッターを買ったらおまけで付いてきたFUJINAR-SC 4.7/25cmがリンホフボードに入っていたので、これでテスト。8×10のピントグラスを覗いてみると、8×10をカバーしています。中玉が接着されていて外れないので叩き割ろうかと思っていたのですが、8×10をカバーするのであれば、ちょっと叩き割りにくいですね。

f3

レンズ構成は普通のTessarです。

f4

後玉のスクリューはTurner-Reichの後玉と全く同じで、スムーズにねじ込めます。何らかの標準ネジなんだと思います。このTurner-Reichのシャッターは完全に壊れているので、後でCopalに入れ替えたいと思います。