Deardorff 8×10 -> 5×7 back adapter

自作のDeardorff 8×10用5×7縮小バックが以前光線漏れを起こして失敗しました。これは縮小バックの平面性の問題でしたが、この記事を見た方がDeardorff純正の8×10->4×5縮小バックの壊れたのを送って下さいました。これを材料に使えば、(なにしろDeardorff純正ですので)、光線漏れは完全解決するはずです。

幸いDeardorff 5×7に附属に5×7/4×5バックがありますので、これを8×10で使えるアダプタを作ってみました。材料は頂戴した純正ボードと、ホームセンターで買った真鍮のL字アングル。

d8

8×10->4×5縮小ボードの開口部が小さすぎるので、鋸とノミで開口部を広げました。Deardorffの使っている木材は大変柔らかくて、版画用の彫刻刀で軽く削れます。桐よりちょっと硬いこらいの木材ですので、気をつけないと削れ過ぎます。

次に真鍮のアングルを加工して上下の金具を作り、木ネジで取り付けます。

dc

上の金具を横にスライドさせて、ボードのピンを引っかけます。

d9

5×7バックをロックしたところ。

da

5×7バックのロックを解除したところ。

db

4×5バックをロックしたところ。頻繁に脱着するものではありませんので、 これくらいの金具で十分だと思います。純正と同様に、板のかみ合わせは階段状になっていますので、光線漏れはしにくいと思います。

これで、8×10のDeardorffでも純正の5×7/4×5バックが使えるようになりました。