iPhone用露出計アプリ

iPhoneの露出計アプリとして、今までLight Meter Freeを使っていたのですが、なんか露出が変です。無料なので文句を言う筋合いではないのですが、F32がない。F22の次がF45なのです。シャッターのないカメラでキャップで代用する場合、一秒露出でF22, F32, F45というのはよく使う絞りなので、ちょっと厳しい。シャッターのあるカメラなら問題ないと思いますが。

そこで、Pocket Light Meterに切り替え。こちらは1/3絞りでF1.0からF512まで測定できます。ISO感度は0.8から。刻みが細かいのでいいのですが、その代り値が落ち着くまで時間がかかります。

念のため、ふたつのソフトで出る露出値、EOS 5D MarkIIのAEの露出値を比較してみたところ、そこそこ合っているようです。

screen322x572