beck Isostigmar Series VI 6″ board

R&J BECK Ltd Patent 871559 9.5 IN ISOSTIGMAR f5.6 No 113839 (Series VI)をDeardorff 6″ボードに取り付け

1906年にロンドンのべック社で開発されたISOSTIGMAR アイソスチグマーは、貼り合わせのないダブルガウス型レンズの中央に薄い凹エレメントを入れたユニークな設計です。以下のシリーズが製造されたようです。

Series 0 F3.5
Series 1 F4.5
Series 1a F6.4, F6.5
Series 11 F5.8, F6.3
Series 111 F7.7
Series 1V F6.5, F6.3
Series V F11
Series V1 F5.6

isostigmar

レンズを入手後知ったのですが、このレンズは前玉が移動できて、ソフト加減を調節できます。Vade mecumには次のように記載されています。
Series V1 f5.6 9.5-17in. は 9.5in for 8.5×6.5in, 12in for 10x8in, 17in for 12x10inがある. 60度の画角をカバーし、ソフトネス可変である。宣伝では「完璧なシャープネスから完璧なソフトまで」と書いてある。Series VIはソフトネス可変のポートレートレンズであり、前玉を回すことにより前玉が前後し、ソフトネスをコントロールできる。前玉の移動距離は約6mm。この機構は時間がたつと壊れるかもしれないので、買うときは注意すること。このレンズは1908年から少なくとも1922年まで製造された。