VERITO 8 3/4inch Deardorff board

WOLLENSAK VERITO f-4 DIFFUSED FOCUS 8 3/4 in No 12312は5×7のレンズだそうですが、実際のイメージサークルは結構大きく、8×10でも使えそうです。

verito

ディアドルフの6インチボードに入れました。3mmのべニア板にぎりぎりの大きさの穴を円切りカッター空けて、ねじ込み。フランジ金具はなくても、簡単に加工できます。穴の大きさが微妙ですが、ちょっと練習すればできるようになります。

「VERITO 8 3/4inch Deardorff board」への2件のフィードバック

  1. 8×10のレンズはあまり持っていませんが、5×7のレンズが結構たくさんありますので、明日試してみたいと思います。5×7のフィルム(上海)を使います。
    ベリートにピント合わせは割と楽です。一眼レフのファインダーは等倍で見ているのでピントの芯は見えませんが、ピントグラスを7倍のルーペで見るとピントの芯が良く見えます。パソコンで拡大してみているような感じです。
    大判は難しいと思い込んでいたのですが、予想外に簡単なこともあるようです。

  2. これまで集めてきたレンズが試せますね。
    8×10が無理だとしても、4×5ならすべての真鍮レンズをカバーするのではないですか。
    ただ、ベリートのピント合わせは難しそうです。

コメントは停止中です。