ディアドルフ用のゲタ改良

ディアドルフ8×10に重いレンズを取り付けたときにレンズボードが下向くのを防止するためのゲタを改良

問題点1: ゲタが低すぎて、レンズがフォールしすぎて、フィルムの上部がケられる。==>ゲタを3cmから5cmに変更

問題点2: 安定不足。ネジを締め方が甘いと倒れる。==>ゲタを端に寄せて、縦の支柱を挟んで安定化

問題点3: 3cmのゲタと1cmのゲタを二個持たなければならない。==>一個の長方形のゲタで3cmと5cm(スクエア)を兼用

g15cm(レンズがセンターに来る)で使用。縦の支柱を抱えて安定させた。

g23cm(2cmフォール)使用時。こちらも縦の支柱を抱え込んで安定。

g3 g4上側は蛇腹と干渉するので、浅目。左側と下側は安定させるため深め。

これで問題はすべて解決したはずです。