フィルム乾燥用洗濯ばさみ

百均で買った洗濯物干しだとフィルムに跡が残るので、写真用のピンチの方が良さそうです。ビックカメラで見た写真用のピンチはそれなりの値段ですが、12個で118円のもありました。

h1

これは水洗いにも使えそうです。フィルムを6枚流水で洗う時、放っておくと全部沈んでしまい、フィルムの間に水が通っていません。これはまずい。このピンチで端を挟んだフィルムを水洗い桶に入れれば、隙間を水が流れるのではないかと思います。そのまま干せますし。今度試してみます。

「フィルム乾燥用洗濯ばさみ」への4件のフィードバック

  1. kinoplasmatさん、
    ありがとうございます。腰痛にならないうちに8×10をやっておきたいと思います。ピントグラスでピントが良く見えるので、ピント合わせは一発ですね。F22でもピントは非常に薄く、35mmのF4くらいの感じです。
    自家現像が案外うまく行ったので助かりました。現像液の袋の指示通りに現像したので、当たり前なのですが、やっぱりうれしですね。
    鶏卵紙も是非やってみたいです。後で教えて下さい。

  2. 先ほど西から戻りました。今回は天候不良が予測されたので、レンズは持たず、ライカX1だけで済ませました。
    8x10の初撮影、素晴らしいですね。大成功と言ってよいのではないでしょうか。やはり大判はあの立体感がなんともいえないです。ぜひ鶏卵紙に焼き付けてリアルなプリントに仕立ててください。
    あとは、どこまで持って歩けるかの体力勝負ですね。腰の悪い私は、バケペンIIあたりで限界ですが。

  3. フィルムの現像は暗黒下で、レッドライトも使えません。定着が終われば明るくてもかまいません。銀塩プリントしたことないので良く分かりませんが、レッドライトはプリント用のようです。

    なのでドラマの状況としては、暗室内でフィルムの現像は終わったので電気をつけても良いのだが、他の人が隣でプリントをしているので、フィルムの確認にはレッドライトしか使えなかった、ということだと思います。

  4. 貴女もためしてみませんか、そう書いてあるように見えます。
    カメラ女子専用でしょうか。

    わたしは暗室作業は未体験ですが、子供の頃「太陽にほえろ」で、刑事が証拠写真の現像のためにレッドライトの中で、フィルムをピンチに吊るしていくシーンを何度か見たような記憶があります。
    本来鑑識の仕事を刑事も一緒になってやっていたのでしょうが、当時はいつか自分も現像やプリントをしてみたいと思ったものです。

コメントは停止中です。