4×5 spring back with hood + Fuji ACROS 100

5×7のカットフィルムホルダーを探したのですが、安いものが見つかりません。eBayで売られてはいるのですが、送料が高かったり、米国内しか発送しなかったり、今にも分解しそうな木製の枠だったりして、買う気になりません。

そこで4×5のスプリングバックを探したら、安いものが見つかりました。4×5のホルダーは300円でたくさん売っているので、一応4×5の準備もしておこうと思います。

h1TOYOの製品らしいのですが、何も書かれていません。

h4フードを空けると、冠布なしでピント合わせできそうな感じです。

h3ルーペを使う時には、フードを跳ね上げます。

a1ACROS 100をヨドバシカメラで購入。4×5関連の製品はまだまだ豊富にあります。これで皿現像の練習をしようと思います。ただし、フィルム一枚の値段は中国製の5×7フィルムの値段とそんなに変わりません。好きな時に少量変える利点の方が大きいです。

「4×5 spring back with hood + Fuji ACROS 100」への2件のフィードバック

  1. ブログが見れないと不便ですね。
    獅子舞の布が目立っていいかもしれませんね。それと、この前どこかで聞いたiPhoneを使ってピントグラスをライブビューで見るのも試してみます。

  2. 布なしでピント合わせできてもポートレイトには使用した方が演出効果が高いと思います。
    ぜひ作成ください。
    只今中国でブログが見れないので、貴サイトの更新が何より楽しみです。
    よろしくお願いします。

コメントは停止中です。