電力の歴史 電力国家管理法

昭和13年、電力国家管理法成立。東邦電力の松永安左エ門と日本電力の池尾芳蔵は最後まで頑なに反対したが、軍部と革新官僚に押し切られる。昭和14年国営電力会社「日本発送電株式会社」(日発)発足。

昭和14年は雨が少なく、水力発電が主力だった日発は致命的な打撃を受けた。親方日の丸の日発は水不足に備えて、火力発電用の石炭の確保をしていなかった。送電停止、停電が相次ぎ、阪神工業地帯の工場主は休業をやむなくされた。

政府への非難が高まると、国家総動員法を使い「電力消費規制」を発動。異を唱えるものは「非国民」として弾圧。民間の電力消費を制限し、兵器製造に優先的に電力を供給。一家に許される電球は一個のみ。

松永安左エ門引退。大蔵大臣や大政翼賛会総裁などの誘いをすべて断る。