フランス語翻訳

中将姫光学さんから、JAMIN&DARLOT OPTICIENSというフランス語の本を借りたので、翻訳してみました。デジカメで撮影した本を、Google Driveに放り込んでGoogle Docsとして開くと、その時点でOCRがかかり、フランス語のテキストになります。これをGoogle Docsの翻訳機能を使って英語にします。これなら全くフランス語が分からない私でも、簡単に読めるようです。

f0

f1デジカメで撮影したjpeg画像をGoogleドライブに放り込みます。

f2Open with -> Google Docsでjpegを開くと、自動的にOCRがかかり、フランス語のテキストが表示されます。(事前に言語をFrancaisに設定しておきました)

f3画像の下にフランス語のテキストが表示されます。

f4これを翻訳します

f5

英語を指定。

f7

そこそこ読みやすい英語が出てきます。ただ肝心のparnenuという単語が翻訳できないようです。

f8日本語にも翻訳できます。が、あまり分かりやすくありません。特殊な分野の本ですので、しかたないですね。英語を読んだ方が分かりやすそうです。

無料のソフトでここまでうまく行くとは驚きました。十分使えると思います。

「フランス語翻訳」への2件のフィードバック

  1. まあイタリア語じゃないだけでもありがたいと思わなければいけないですね。一般的に著者の理解が怪しい所は読みにくいです。母国語なら怪しいことがわかるのですが。

  2. ここまでできるのですね。
    驚きました。
    ただ、先週ダゴスティーニ本のドゥロジーのページを訳そうとしたのですが、平易な英語にも関わらず意味が分からないところが何か所かあって難儀しました。
    自分の語学力の無さが原因だと承知しつつも、あの本の英文も少しいい加減なのではとの疑念を持っています。
    しかし、それを割り引いたとしても、ダゴスティーニ氏の本はすばらしいものだということには変わりありません。

コメントは停止中です。