Petzval 2.3/70 hood真鍮張り

ホースマンのレンズに見えないように、フードにも真鍮板を張りました。

k5 k6

作業的に簡単な分、すこし薄っぺらいですが、ホースマンのレンズと間違われることはないと思います。

「Petzval 2.3/70 hood真鍮張り」への4件のフィードバック

  1. 作例拝見しました。
    意外にも50/2.3よりシャープな範囲が広いように見えます。
    それでもポートレイトを撮るとすれば相当意識して真ん中に顔を置かないといけないですね。
    使いづらいレンズが2本になってしまったかと思いましたが、例えば200mmくらいのペッツバールを4×5で撮影すると似たような写りになるのでしょうか。
    だとすれば、これら2本が35mmフォーマットの正統派ペッツバールと言えそうです。

  2. F2.3のペッツバールらしい写りでした。後で少し作例をアップしますので、ご覧下さい。もちろん暗い所ではF2.3が威力を発揮します。

  3. 精悍なイメージになったと思います。
    ありがとうございました。
    あとはどのように写るかですね。
    楽しみにしています。

コメントは停止中です。