10×12 inch (四つ切)カメラ 脚

四つ切カメラには専用の脚がついています。非常にコンパクトなもので、出張撮影に使われました。しかし、非常に不安定で、すぐに転倒してしまいます。実際に使うにはかなりのノウハウが必要だったと思われます。

a4

完全にフラットになります。先端の針で地面に突き刺して使ったようです。

a5

一段目は180度反転します。

a7

反転した足を三脚座に差し込みます。木の棒の弾力でくっついているだけなので、すぐに抜けます。実際に使う時にはひもで縛るなどの対策が必要です。

a8

チルトもパンもありませんので、脚の長さと据える方向で調整します。この時に転倒する危険が高いです。紐で三本の脚を繋いで開きすぎないようにした方がいいでしょう。