Objectif C. BERTHIOT Paris

Objectif C. BERTHIOT Brevete Paris

中将姫光学から改造依頼のあったC.BERTHIOTのペッツバールレンズです。焦点距離は約150mm。小さいので、35mmで使いやすそうです。

b2 b3 b4

b1

普通のペッツバールレンズです。元々座金状の内蔵絞りがあったようですが、今は失われています。

b7

とりあえずデアドルフの4インチボードに取り付けました。薄いベニヤ板に少し小さめの穴を空けて、レンズを強くねじ込みます。これくらいの軽いレンズだと、座金がなくても簡単に板に固定することができます。

b6

デアドルフのピントグラスを見る限り絞り開放では4×5には少しイメージサークルが足りないようですが、絞り機能を追加して絞れば4×5はカバーしそうです。

「Objectif C. BERTHIOT Paris」への2件のフィードバック

  1. なかなかよさそうなカメラ屋ですね。Planar 370mmがありますが、きっと巨大でしょうね。今週末に試写してみたいと思います。

  2. ご紹介ありがとうございます。
    このレンズは旅行中、たまたま歩いていて通りかかったブエノスアイレスで見つけました。http://www.antiquecamerasargentina.com/index.php?&idMenu=home
    長旅で大きな買い物はご法度ですのでこの店に入らずショーウインドーを覗いていただけだったのですが、店員さんがわたしの持っていたダルローのペッツバールに気付いて店に招じ入れられました。
    35mmや中判のカメラがたくさん並んでいましたが、棚の奥にこのレンズがうずくまっているのに気付き取り出してもらいました。
    わたしが来るのを待ってくれていたかのようです。
    不毛の旅ですが、我慢して続けていると、たまには好いことがあるものだなあと実感しています。

コメントは停止中です。