Rolleocord focusing problem fixed

ローライコードなどの二眼レフはピンボケになりにくいのが利点ですが、このカメラはどういうわけかかなり前ピンです。レンズは問題なさそうですので、ピント合わせ用のレンズが撮影用のレンズより後ろにあることが予想されます。

c1

カメラをよく見ると、予想通り左側のビューレンズが後ろにあります。レンズボードがゆがんでいるのが原因のようです。何かに強く押されたため、柔らかいブリキのレンズボードが耐えきれなかったようです。

c4

柔らかいレンズボードは簡単に修正することができますので、一概に悪いとも言えません。カメラ修理屋さんの収入源だったと思われます。

c2

ここまでゆがんでいるのにレンズに傷がないのは、ゆっくり押されたためだと思います。たとえばトランクの中に入っていた時にトランクの外から押されたとか。

c3

修正前のレンズボード。

c5

修正後のレンズボード。これでピントが合うはずです。

「Rolleocord focusing problem fixed」への2件のフィードバック

  1. 外観上はおかしなところがなかったとのことですので、よくこの問題に気付き、修理までしてしまったものと感心しています。
    安物買いの銭失いになるところが、ksmtさんのおかげでカメラを救っていただきました。ありがとうございます。

コメントは停止中です。