ヴィヴィアン・マイヤーを探して

映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」 http://vivianmaier-movie.com/ を見ました。上映館が少なく、上映回数が少なく(一日に一回)、上映期間が短いので注意が必要です。

ナニー(ベビーシッター兼家政婦)のヴィヴィアンが膨大な写真を撮影。発表しないままヴィヴィアンが亡くなった後、青年ジョン・マルーフが偶然このフィルムをオークションで購入。ジョンがヴィヴィアンの写真を発表し、ヴィヴィアンが有名になっていく様子を描いたドキュメンタリー。

ヴィヴィアンの写真は写真史を塗り替えるほどすごい、というふうに描かれていますが、映画を見ただけではそのすごさは分からず、プリントを見るしかなさそうです。