Leica II mod. D + Hektor 5cm focus adjustment

Leica II mod. D + Hektor 5cmのピントが全然合っていないので調整。前回無限で二重像を合わせる調整を行ったら、かえってピントが悪くなったので、もう少し真面目に調整。

まずNEX 5N + LSMアダプタを使って、無限と1.5mの所にピントを合わせ、その時のレンズの距離指標を読み取り。Leica IIでこのヘリコイド回転位置で二重像が一致すればLeica IIで距離計は実際のピント位置と合っているはず。参考としてSummar 5cmとSummarit 5cmを用意。これらのレンズは多分調整されているはず。

Summar Summarit Hektor
1.5m Leica II 1.4m 1.4m 1.5m
NEX 5N 1.4m 1.4m 1.25m
infinite Leica II 10m 30m 20m
NEX 5N 20m 50m 4m

SummarとSummaritはLeica IIの距離計とNEXのライブビューがほぼ合っているのでOK。Hektorは距離指標と距離計は合っているが、実際のピント位置はかなり違う。ヘリコイドを4mに合わせた時に実際には無限に合っている。ヘリコイドを1.25mに合わせた時実際には1.5mに合っている。これは相当な後ピンと言える。

本来はHektorを少し前に出して調整するべき。そうすればレンズ交換してもピントが合う。しかし、Hektorのピント調整の方法が分からないので暫定的にカメラ側で調整。ヘリコイド指標4mの時に無限にピントが合っているのだから、無限で二重像が一致するよう調整。ヘリコイド指標1.25mの時に1.5mにピントが合い、1.5mのところで二重像が一致するようになった。

この調整により実用的には問題解決が期待できるが、次のような副作用がある。

1.レンズ交換できない
2.最短撮影距離が1mから1.2m程度に悪化
3.無限ロックは使えない