Leica 1533 + Hektor 2.5/5cmの距離計調整

ライカショップで買ったLeica 1533+Hektor 2.5/5cmの距離計は、無限遠で二重像が合致していませんでした。右から移動してきた像が無限遠では左側の像を通り越してしまいます。この状態で近接(1m~3m)のピントは合っているように見え、遠方(10m~無限)が合っていないように思えました。

そこで、無限遠で二重像が合致するよう調整。試写すると近接はひどい後ピン。人物にはピントが合わず背景に合っています。

手元にあったSummarとSummaritと比べてみると、Hektorは少しレンズがフィルム寄りにあります。NEXで撮影する時には、Hektorだけ少しレンズを繰り出さないとピントが合いません。ライカショップはこのことを考慮に入れて、距離計を調整していたと考えられます。なので、元の二重像が行き過ぎる状態に戻しました。正しく調整されたレンズに交換をすると、多分前ピンになると思います。

本来Hektorのヘリコイドを調整すべきだと思います。しかし、レンズ交換しない、遠方は絞ってしか撮らない、という条件であれば、現状でも問題ないと思います。

「Leica 1533 + Hektor 2.5/5cmの距離計調整」への2件のフィードバック

  1. たぶんHekltor 2.5/5cmが悪いのだと思います。ミラーレスカメラを使えば簡単に調整できそうですので、やってみます。

  2. ライカのシリアル番号からすると、本来はエルマックス付きだったはずですね。なにかいわくアリのカメラのようです。

コメントは停止中です。