Wynn Bullock

Wynn Bullockは1902年シカゴで生まれ、カリフォルニアで育つ。高校卒業後ニューヨークに出てテノールの歌手になる。その後、ヨーロッパに渡り声楽を学ぶ。パリでマン・レイなどの影響を受け趣味で写真を撮り始める。1938年にカリフォルニアに戻り、声楽をあきらめて、法律家を目指して南カリフォルニア大学に入学。しかし数週間で挫折し、近所の写真学校に入る。1945年から1946年にかけて娘と一緒に写真を撮影し、販売用のハガキを製作。1948年にEdward Westonに出会い大きな影響を受ける。Westonの推薦により1955年にワシントンDCの写真展に出品した”Let There Be Light” と”Child in Forest” が注目を浴びる。

http://www.afterimagegallery.com/bullocklettherebelight.jpg

http://www.afterimagegallery.com/bullockChildinForestnew.jpg