8×10 cut film holder Wodden vs. Plastic

デアドルフのカメラや使用するレンズの年代を考慮して、8×10 cut film holderはすべて戦前の木製を使用してきました。しかし、木製のホルダーには、屋外で晴天日中に撮影後、引き蓋を差し込むときにカブるという大問題があります。引き蓋が少しでも斜めに入ると、その瞬間に光線漏れが起こります。対策としては、抜いた引き蓋を横にして撮影中ホルダーの入り口を塞ぐ、冠布をかぶって慎重に差し込む、などが必要です。

プロの写真家を含む何人かに聞いてみたのですが、誰も木製のホルダーを日中の屋外で使ったことはないそうです。最近プラスティックの近代的なホルダーを安く入手しましたので、木製のホルダーと比べてみました。

h1

プラスチックのホルダーの長辺が1cmほど長いです。この部分が引き蓋の差込をスムーズにし、光線漏れを防いでいるようです。引き蓋をこの1cmの部分に挿しても光線漏れは起こらないようです。

たったこれだけの改良で、撮影がずいぶん楽になったに違いありません。木製のホルダーでも、この点に注意すれば、プラスチック製に劣ることはありません。この違いを理解していなかったので、すいぶんフィルムを無駄にしました。まあ、こんなことはどこにも書いていないのでしょうがないですね。