現像液と定着液

現像液と定着液がなくなったのでヨドバシのネット通販で購入。ヨドバシのポイントが使えるため。結構大量に使うので、でかい箱で注文。

f1 f4

SUPER PRODOLは5リットル用の粉を10袋。合計50リットルン分。1リットルで8×10ネガ4枚を現像できるとして、50リットルで200枚。実際は1リットルで8枚くらいはいけるので、400枚程度は行けると思います。

5リットル用の袋を一個ずつ買うと、一袋800円くらい。10袋で約8、000円。(ビックカメラの新横浜店では一袋しか置いてません。他の店でも多分一度に十袋は買えません) 十袋まとめて通販で買うと、6、370円也。

f2

SUPER FUJIFIX-L定着液。15リットル用。1:2希釈ですので、濃縮した状態で5リットル。 1リットルで8×10のネガを20枚くらいは処理しています。15リットルだと300枚くらいは行けると思います。(いままでケチって使っていましたが、定着不足になることがあったので、今後はケチらないで使おうと思います)

3リットル用が一個約1,000円なので、15リットルだと五個で5,000円。15リットル用を買うと3,110円。送料は無料。15リットル用は重いので、通販で買うと楽です。

「現像液と定着液」への2件のフィードバック

  1. 自分で調合するのは面白そうですね。そういえばヨドバシに単薬が売っていました。もうすぐ店頭から消えそうな雰囲気ではありましたが。
    スーパープロドールは現像時間が短いので助かります。8×10を一度に20枚とか現像しますので、遅いと飽きます。水温が高いと4分くらいですから、皿二枚で現像すると、20枚が一時間で現像できます。
    定着の様子を見てみたのですが、水温が高いとわずか30秒ほどでほぼ定着できているようです。
    いずれにしろ、フィルムやレンズに比べると現像液は安いので、ケチらないで使おうと思います。(今までがケチりすぎだったようです)

  2. 昔,単薬を買って調合していました.主薬と促進剤と抑制剤混ぜて
    溶かすだけなので.大量に使うなら自分で調合したほうが安上がり
    かもしれませんが面倒ですね.僕も結局最後はHC-110(液体)を薄
    めて使い捨てになりました.でも一浴現像定着液なども試してみて
    面白かったです.

コメントは停止中です。